全国知事会「地方創生・日本創造本部会合」

2024年6月24日、
全国知事会「地方創生・日本創造本部会合」が
オンラインで開催され、吉村知事を含む全国の知事等が
会議に出席しました。

「地方創生・日本創造本部」は全都道府県知事で構成され、
地域振興や地域活性化、人口減少問題など地方が直面する課題について
幅広い視点から議論を行い、その成果を政府等に発信しています。

地方創生の取り組みがスタートしてから10年の節目の年を迎えた
本会合では、深刻化する人口減少問題を国全体の戦略課題とし、
“司令塔組織の設置”を国に求める提言案を取りまとめました。

本部長代行・副本部長を務める吉村知事は、人口減少問題について
「あらゆる産業で人手不足が深刻。外国人には労働力はもとより国内定着
につながるような政策を政府、地方が一体となって進めることが大切。」
とコメント。
また、地方創生の実現に向けた対策のひとつである
“魅力的な地域づくり(大学や企業の地方分散)” に触れ、
「地方に立地している国立大学法人の定員増、運営交付金増を強く働きかけて
地方の若者が少しでも多く地方大学に進み、地方定着が可能になることを望みます。」
と要望を述べました。

本会議でまとめられた提案書は
8月に行われる夏の全国知事会で国に提出されます。