月別アーカイブ: 2024年6月

6月7日(金)

山形は緑にあふれているわ。
山があり、川があり、田んぼに畑に神社      etc  ,  etc。
でも、災害が起きたら、そこに住んでいる人たちが大変  !!
そこで、いざ山形県内で大規模災害等が発生した場合に、
ドローンを活用して支援物資を運んだり、状況を把握できるよう、
今日はドローンを扱っている企業と県との間で協定を
結んだのよ~。

もちろん、県を通して市町村も活用できるのよ  !
社長さんは44歳の方で、子どもの頃からお父さんのラジコン
飛行機操縦を見て育ったとか。
ドローンにも早くから注目していて、県内でも早くから
取り扱うようになったそう。
協定締結の後、県庁前の公園でドローンによる荷物運搬を
実演してくださったの。

運んだのは山形県産米「雪若丸」10kg。
離陸して、雪若丸を運び、目的地に見事届けました  !!
リモコンで操作し、手元で映像を確認しながら、正確に
業務遂行していたわ。


これで、いざ災害が発生して孤立集落が発生しても、
ドローンを活用して救援物資の緊急輸送や捜索活動など
円滑に進められる。
被災された方の安全の確保にもつながるわ。
県民の皆様の命と安全を守るため、共に頑張りましょう。
有難うございました~(^_^)。

6月6日(木)

今日6月6日は、「山形さくらんぼの日」で~す。ルンルン。
山形県は生産量、品質共に日本一のさくらんぼ県。
いよいよ今年もさくらんぼシーズンとなりましたよ~。
これから、「佐藤錦」や「やまがた紅王」、「紅秀峰」といった、
甘くて美味しいさくらんぼがどんどん出荷されるの(^_^)。
しかも、来年でさくらんぼ栽培150周年となることから、
さまざまな記念イベントを考えているのよ。
今日がそのオープニングセレモニー「さくらんぼイブニング」。

私が宣伝をし、保育園児がダンスで応援、農業女子が
生産者としての決意と意気込みを語ってくれたわ。

ホラ、子どもたちがさくらんぼ帽子をかぶっての「さくらんぼ体操」
可愛いでしょ~。

そして、農業女子がカッコイイのよ   !!
みんなイキイキと輝いているわね(^_^)。

山形県のフルーツ農業の未来は明るいわネ~。
農業はお天気との戦いでもあるから、先人は大変な苦労を
重ねながら、今日のフルーツ王国山形ができたのよ。
私たちはその挑戦の歴史を受け継ぎ、新しくさまざまな
チャレンジをしながら、次の世代につないでいきたい。


「いちずにかじつ」、これをキャッチフレーズにね  !!
市場の皆さん、全国の消費者の皆さん、山形のフルーツを
沢山食べて応援してくださいね~。
アッ、流しさくらんぼは今年も大好評でした~(^_^)。

6月4日(火)

花の山形・・・今日は芍薬の花ですよ~。
このところ雨の日が続き、草木がイキイキと育っています。
雨は植物にとって、まさに「命の水」なんですね~。
そんな中、南陽市の通称芍薬神社の方が芍薬の
花を持ってきてくださいました~(^_^)。
ホラ、美しい2種類の芍薬の花の蕾ですよ~。

これが2~3日で大きく花開いたら見事でしょうね  !!
神社の境内には今年も沢山の芍薬が咲いているそうよ。
私も何回か訪れたことがあるんだけど、森の近くで
風がそよそよ吹いて、小鳥のさえずりなども聞こえるの。
とっても気持ちの良い場所よ~(^_^)。
花好きの宮司さん、いつも私たちに綺麗な芍薬の花を見せるために、
一生けん命育てていただき、有難うございま~す  !!