6月3日(水)

花を見ると心がいやされますよね。
今日は早起きして、バラやつつじの手入れをしました。
県庁に登庁したら、なんと芍薬神社の奥様が
芍薬の花をプレゼントしてくださいました。
コロナの状況にもかかわらず、神社の境内は
きれいな芍薬の花々が満開なんだそうですよ  !!
芍薬は「厄除け」の花なんだそうですよ   !!
それに、今年は「オカリナ」演奏のプレゼントまで
ついていたの(^_^)

花畑と「オカリナ」の音色がとっても合うそうよ。
山形県は「花の山形」ともいわれるように、桜や
バラ、芍薬、アヤメ、つつじ、紅花、百合、ラベンダー、
ダリアなど、次々とお花畑を楽しむことができるの。
全国の皆さん、コロナが終息したら、山形に花を
見に来てけらっしゃ~い   !!

 

6月2日(火)

皆さん、山形県の花は何か知ってますか?
そう、紅花(べにばな)です。
たしか、山形市の花にもなっていたと思います。
山形県の紅花は日本農業遺産にもなっているんでよ。
江戸時代は「最上紅花」と呼ばれ、大阪や京都
に運ばれて口紅になっていたそう。
私は知事になる前、草木染が趣味だったから、
何回か紅花で染めたことがあるの。
とってもきれいなピンク色に染まるのよ。
シルクだとサーモンピンクに染まる。
そして、それを何回も重ねて染めると赤色になっていくのよ。
保湿効果があるから、紅花で染めた布を身につけると
風邪をひきにくいとか、赤ちゃんに着せるとよいとか、
昔聞いたことがあったなあ。
その紅花が今年も咲きました~。

生産者の方からいただいたのを飾ったら、初夏に
なったな~と実感  !!

原産はエジプトといわれているの。
なんとなく異国情緒が漂っているかもね~。

6月2日(火)

山形は夏に暑くなるんですよ~。今日も
最高気温が28℃を超しました~。
そんな中、私用で山形市内に出かけたら、
ある建物のエレベーターの床に
こんな配慮がありました。

「新しい生活様式」の中に、人と人との
距離を確保するということがありますので、
まさに工夫実践しているのですネ。
県庁でも参考にしたいと思いました。
ちょっとしたことですけど、気付いたので
お知らせデース。

6月1日(月)

早いもので衣替えの季節となりました。
今年は暖冬に続いて新型コロナ対策で、
桜の花を見る余裕もなかったように
思います。県民の皆さんと一緒に、なんとか
第一波を乗り切ったところですが、
全国的には感染が拡大している地域もあり、
まだまだ油断できない状況です。
第二波に備えて、さまざまな準備を
しておかなければならないということで、
私の後援会事務所でも、つい立てを設置
しましたよ。金山町の「㈲たくみまさの」
という会社で作っています。
県産材とアクリル板を使っているので、
安定感もあります。
事務所などに是非おススメですよ。

5月27日(水)

山形県は、新型コロナ感染症確認検査が今日で
23日連続してゼロになりました。
県民の皆さんが自粛や新しい生活様式を取り入れて、
感染防止や予防に頑張って取り組んでくださっている
結果だと思います。
さて、3月以降ほとんど県庁に立てこもって、新型コロナ対策に
明け暮れておりました。
県民の皆さんや市町村長ともオンラインで会議を
開催してきたんですよ。
そろそろ現場に出向いてみようと思い立って、今日は
白鷹町の新しい荒砥橋の工事現場に行ってきました。

最上川の上に架かっている現在の橋は60年以上経過して
老朽化しているし、とっても幅が狭いんです。
それで平成27年から架け替え工事を始めたんですよ。
現場では小雨の中でも一生懸命に工事をしてくれておりました。
私が着いた時は青空と太陽が顔を出して迎えてくれたんですよ。
とても幅が広くて(16メートル)、堂々とした橋になりそうです。

12月に完成する予定だから、地元の皆さんが
毎日気持ち良く通るのはもちろん、ビジネスや観光に
来られる方々も山々や周囲の景色を楽しみながら
通ってくださるといいな。

5月20日(水)

世界中がコロナウイルスで大変だけど、大自然の
営みは悠久の流れの中にある。
今年も田植えの季節がめぐってきた。
山形県は5月5日以降コロナウイルス感染者の確認ゼロが
続いていて、今日で16日目。
県民の皆さんと一緒になって、なんとかコロナの
第一波を乗り切った感があります。
こういう中で本日の田植を迎えることができ、
感無量です。
さあ、元気良く「つや姫」と「雪若丸」の苗を
植えましたよ  !!

山形県の美味しいお米を沢山の方々に
召し上がってもらって笑顔になってほしいな。

そして、元気にコロナの波を乗り切り、一日も早く
終息の日を迎えられるよう、切に願いながら、
心を込めて田植えしました~。

全国の皆さん、希望をもってガンバ  !!

5月18日(月)

さわやかな初夏の気候。
新緑あふれる蔵王に行って来ました。

4月に入り、せっかく雪が沢山降ったのに、
コロナの影響でお客さんがさっぱり
来なかったと、地元の方々が残念がって
いましたよ。萌黄色と新緑、若葉色、
深緑色など微妙な緑色が重なり、
その中に山桜のピンク色など映えて、
この世のものと思えないような
美しい色合。温泉街の中には、
遅咲きの桜、ウコン桜、八重桜なども
まだ私たちの目を楽しませてくれましたよ。

名物の玉こんにゃくをほおばり、
ハイ、ポーズ!!

そして、稲花もちを買いました!!
見て良し、来て良し、食べて良しの
蔵王です(笑)。遠くには朝日山脈なども
神々しい姿。ああ、この時期の
蔵王に行くと、心が洗われます!!

5月15日(金)

5月は良い月なんですよ~。
なんたって私が生まれた月だから(笑)。
そして山形県は「花の山形」と言われるだけあって、
色々な種類の花を生産している県なんですよ  !!
「バラ」もその1つで、全国第3位なのよ。
今日は山形市と寒河江市のJA関係者から「バラ」の
プレゼントをいただいたの。
ホラ、素敵なバラでしょ  !!


でもね、今年はコロナウイルスで送別会がなくなったり、
大都市のデパートや小売店でも販売できなかったりで、
生産している花き農家は大変なんですって。

皆さん、心にうるおいを、生活に花を  !!
コロナウイルスとの付き合いは長丁場になるみたいだから、
こんな時代だからこそ、花を買って飾ってみませんか?
農家さんの応援にもなるから、よろしくお願いしま~す。

5月13日(水)

朝、コバルト色の青空広がる。
今日も新型コロナの感染者がゼロとの報告あり。
これで9日連続して感染者が確認されなかった。
長い間、自粛を続けてくださった県民の皆様に感謝  !!
これからは、感染防止策を講じながら、県内の経済活動を
前に進めて行くことが重要と考えています。
さて、山形県総合文化芸術館の開館セレモニーを行い
ましたよ。

簡素に大人3名と子ども3名、計6名でのテープカットのみ
としましたが、直前に雨が降り、風が吹き荒れました。
そのような中でしたので、「雨にも負けず、風にも負けず、
コロナにも負けず・・・」と挨拶してしましました(笑)。
テープカット時には、青空が見えて太陽も顔を出して
応援してくれたんですよ  !!
山形県の技術の粋を集めて建てられた新しい県民会館が
末長く、多くの県民の皆様に愛されるように、そして
本県の文化芸術が発展するように、心から願ったところです。

皆さん、山形県総合文化芸術館(愛称やまぎん県民ホール)を
よろしくお願いしま~す♡♡

5月12日(火)

風薫る良い季節となりました。
山々の木々の葉も萌黄色から新緑へと装いを
変えてきています。
暑からず寒からず、丁度良い案配の
最高の季節なんだけど、新型コロナ対策に
明け暮れる毎日・・・。
こんな時だからこそ、しっかり食事して
栄養とらなければ!!ということで、
今日は県庁弁当が私の昼食です。
ホラ、焼き肉や野菜もたっぷりで
美味しそうでしょ。日々の食事が身体を
作っているのだから、栄養バランスが
しっかり考えられている弁当は頼もしい
味方ですネ(^-^)さあ、これを食べて
また頑張るゾ~!!